前へ
次へ

年齢を重ねた人が営業求人で転職をする場合

基本的には経験がない人でも採用される可能性が高いのが営業求人になりますが、40代の人で転職をしたいと考えている場合は、採用される可能性が少しだけ低くなってしまうことを覚えておくようにしましょう。
なぜ40代だと営業求人に応募した際に採用される可能性が低くなってしまうのかと言いますと、キャリアを構成するまでの期間が短いからになります。
企業側はなるべく若い年齢の人を求めているケースが非常に多く、40代の人が転職をする場合は年齢の部分で引っかかってしまい、採用されないなどの状況になってしまいます。
では40代程度になると転職をしない方が良いのかと考えますがそうではありません。
自分が経験を持っている場合は、年齢など関係なく採用されるケースが高くなります。
全く知識を持っていない初心者の場合はある程度覚悟を決めて転職活動しなくてはなりませんが、知識を持っている場合は問題なく活動をしても良いと言えるでしょう。

Page Top